『土地 測量』 最新ツイート

@goukaku_onasha2

【民法Ⅰ】相隣関係3: ・隣地との境界標の費用は等しい割合で分担する。ただし、測量の費用は土地の広狭に応じて分担する。

3時間前 - 2019年01月17日


@yst64

@tamacandy1111 難関ですがリターンでかいですよ。どうせなら行政書士、土地家屋、司法書士の3つをコンプすると、測量(土)、農地転用(行)、地目変更登記(司)の流れ全てが1人でできるので、そこらの弁護士より稼げるという噂です。

3時間前 - 2019年01月17日


@mansionyougo2

地籍調査とは、主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。 「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことです。

4時間前 - 2019年01月17日


土地の面積を割出すための測量作業とは?

土地というものは正方形や長方形といったように、必ずしもその面積をすぐに測れるような形状のものばかり、とは限りません。
他人の所有地との境界が斜めになっていたり、でこぼこに入り組んでいたり、さらには飛び地になっていたりといった具合に、その面積がどのくらいであるのか、簡単にはわからないといった場合も少なくはないのです。
このために、その面積がどれくらいあるのかを測るための作業が、測量と呼ばれているものなのです。
この測量作業も、土地の形状が正方形や長方形、あるいはせいぜいが台形といった場合には、容易にその面積が割出せるわけですが、他人の所有地との境界が入り組んでいたり、斜めやカーブを描いている境界線であったり、飛び地があったりするような場合には、非常に手間のかかるものとなってしまうわけです。
しかし、所有地の面積というものは正確に割出されておく必要があるために、この測量作業を行って正確な面積を割出すことになるのです。

一反の土地面積とはどのようなもの?

一反の土地面積 一反とは一段と書く場合もあって、どちらも「いったん」と読み、米一石が取れる土地のことなのですが、面積としては畳600畳分となるので坪数にすれば300坪、ということになります。
これは町(ちょう)や畝(せ)、歩(ぶ)と共に、江戸時代に用いられていた土地の面積を表す単位だったわけです。
一町=10反となり、一反=10畝で、一畝=30歩というようになっています。
江戸時代の侍はよく何石取りと言われるように、その石高で持分が決められていたわけですが、一石がそのまま一反となっているので、石高がイコール何反ということになるわけなのですね。
現在では、もっぱら農地の面積を表す場合に用いられる単位であって、一般的には用いられることのない単位、と考えていいでしょう。
そもそも、住宅地で畳600畳分に当たる300坪の土地ともなれば、かなり大きな邸宅ということになるわけですから、住宅難である今の時代には全くそぐわない単位、ということになるでしょう。