『土地 権利』 最新ツイート

@hitsuzikashi

【民法】 相隣関係 公道に至るための他の土地の通行権:物に対する権利なので、所有者が変わっても主張できる。

12分前 - 2019年02月19日


@yurushi_bot

え?土地の権利書がほしい? 許しましょう

23分前 - 2019年02月19日


@takken_next

【宅建 一問一答】権利関係/売主の担保責任 第144問 宅地建物取引業者であるAが,自らが所有している甲土地を宅地建物取引業者... https://t.co/KGW8vRnEkU

37分前 - 2019年02月19日


土地の売買契約で注意する点

売買契約で注意する点 家やマンションを購入するときは新築、中古に関わらずその土地のハザードマップなど不動産業者により詳しく知ろうとしますが、更地、土地を購入しようとする方は案外そういったことには気を配らず、土地の過去、更地になる前は何があったのか。
土壌汚染はあるのか、また居住用の建物を建てる場合はそれによる健康被害のレベル等を気にする傾向にあります。
契約をするうえで一番大事なことは用途地域であり、地区計画、計画道路などに自身の契約しようとしている土地が含まれていないかどうかです。
又、建物が建っていれば大よそ立て替えたときにどの程度の建物を立てることが出来るかが想像しやすいですし、周囲の住民も同様の建物が建つ程度であればおそらくあなたが建てても問題は無いでしょう。
ただし、昔と今では建蔽率や容積率が変わっていて同等のものが建てられないというケースも大いにありうるので思い込みは避け、契約書にきちんと自分の思い描いた家が建てれることを明記してもらうか、建物と同時契約をすることを強く勧めます。

土地の権利書をなくしてしまった場合

土地や建物などの不動産は、高価な財産の代表格の一つですが、”不動”なので持ち歩いたり名前を書いておくことはできません。
不動産の対義語は動産で、動産ならば家の中に保管したり持ち歩くこともできますが、不動産の所有者など、権利に関する情報は、登記をすることになっています。
登記した内容を記載した証書を一般に権利書といい、現在では登記システムのコンピュータ化によって、登記識別情報が権利書に代わって利用されます。
時代劇などで、権利書を奪われると土地を奪われてしまうという設定がありますが、証書と、そこに記載された所有者の印鑑証明書、実印を兼ね備えない限り、不動産を売買したり、権利を移動することはできません。
大切に保管しておかなければいけない書類であることは間違いありませんが、もしも紛失してしまった場合には、登記簿上の所有者が本人に間違えないことを、印鑑証明を添付して法務局に証明してもらうことができます。