『土地 契約』 最新ツイート

@1925_1096

建物譲渡特約付き定期借地権は、30年以上の契約で、書面による契約の必要はない。期間満了後は建物を借地権設定者に相当の対価で譲渡する。契約満了時に建物を使用する者が請求すれば、請求時から土地ではなく建物について期間の定めのない賃貸借がなされたものとみなされる。

13分前 - 2019年02月19日


@minpou_bot

【契約法】/賃貸借/ 不動産の賃貸借の登記は、ほとんど行われていない。そこで「借地借家法」で、[借地]→登記がなくても借地上の建物に登記があれば対抗可、[借家]→建物の引渡しで対抗可、としている。  ※解約予告期間:土地→30年(民法1年)、建物→6ヶ月(民法3ヶ月)、貸席→1日

43分前 - 2019年02月19日


@haragyosei

お金の貸し借り、土地の売買は契約書を交わしておくことが自衛につながります。 原行政書士事務所では各種契約書、合意書、示談書取り揃えております。 https://t.co/8fdExepbZP #足立区 #行政書士 #契約書 #損害賠償

51分前 - 2019年02月19日


土地などの売買においての虚偽表示と心裡留保の無効について

虚偽表示というのは、嘘の表示です。
心裡留保とは、思ってもいないことを言う(嘘)等。
原則として、虚偽表示や心裡留保の表意者は、本当にその言ったことについてそうは思っていません。
思っていない場合には、無効です。
法律行為とは、自分で考えている意思考えと、表示されたことについて同じでなければいけません。
嘘の表示と心裡留保は、自分の考えと、表示行為が合致していません。
ゆえに、嘘の表示と冗談は、無効です。
土地についても同じことが言えます。
土地とは、土地および土地に定着しているものを言います。
また、登録された自動車や船舶も、不動産扱いされるということもあります。
しかし、例外があります。
虚偽表示や心裡留保につき表意者が嘘や冗談だと言えない、正当な主張が許される第三書には、当該無効は主張できないです。
嘘の表示や冗談は表示者が意識的に嘘の外観を作り出しているので、帰責性があります。
その場合、無効だとし、それにつき、保護に値する第三者の権利を侵害できないからです。

土地などの売買契約における媒介契約の規制について

土地などの売買契約における媒介契約の規制について 土地などの売買契約について説明したいと思います。
売買、つまり売主と買主がいるということです。
そのため土地を売りたい売主が自ら土地を買いたい買主を探せれば特に問題ないのですが、 探すには時間も労力もかかってしまいます。
そこで皆さんは不動産会社に仲介を依頼します。
大きく分けると専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と三つに分類されます。
専属専任は専属とついてるから想像がつきやすいかも知れませんが一社のみと交わす契約のことです。
他とは結んではいけません。
専任は他とは結んではいけませんが、自らも探すことができます。
一般はいろんな業者と結ぶこともできますし、自ら探すこともできます。
それぞれ報告義務の有無や期間がありますので注意が必要です。
また指定流通機構といわれるものがあります。
不動産では会社間でみるレインズというものになります。
レインズに登録したり、契約がなされた場合には更新する必要がございます。